So-net無料ブログ作成

この掲示により、私がこのサイトの所有者であること、およびこのサイトが Google AdSense のプログラム ポリシーと利用規約に従っていることを確認いたします。ca-pub-5383283261312243

鈴木奈々、パンツ丸見えの大暴れ! バラエティ界を席巻する天然キャラはすでにレジェンドか!? [芸能^^]

スポンサーリンク




美人ヘアセクシ...

10日に放送されたバラエティ特番『くりぃむしちゅーの!THE★レジェンド』(日本テレビ系)で、タレントの鈴木奈々(26)がパンツ丸見えのハプニングを起こした。番組内で、今年7月から関西地方で放送されている中華料理店「大阪王将」のテレビCMで踊っている「ジューシーダンス」なるものを披露した鈴木が、勢いあまってスタジオに突っ伏すとスカートが全開に。放送ではモザイク処理が施されていたが、鈴木は多く共演者に恥ずかしい姿を見せることになってしまった。



 スポーツ界のレジェンドたちを特集した同番組には、オリンピックの陸上競技で日本人女子初の金メダリストとなった高橋尚子(42)やプロサッカー選手でアジア人史上初の「FIFA最優秀選手賞」を受賞した澤穂希(36)、レスリングの世界大会で現在15連覇中の吉田沙保里(32)などが出演。しかし、3人共に国民栄誉賞を受賞している、まさに"レジェンド"といえる有名アスリートを前にしても、鈴木の態度は、普段のバラエティでのそれと変わらない物怖じしないもの。「3人の中で一番モテそうなのは?」という質問に対して、「高橋さん。一番キレイだから」と、ほかの2人にしたら失礼にも聞こえる発言をアッサリと答えるなど、天然キャラを炸裂させた。

 そんな番組の中でレジェンドたちに負けまいと鈴木が披露したのが冒頭で記したジューシーダンス。関西地方の人には馴染みのあるものかもしれないが、腕をグルグル回してガニ股で激しく踊る鈴木の姿は、一瞬でスタジオを爆笑の渦に巻き込むほどの破壊力を見せた。番組では前述の女性アスリート3名のほか、スキージャンプの葛西紀明やプロゴルファーの石川遼などの伝説エピソードが特集されたが、出演していたプロ野球選手の前田健太投手(26)が「ベストレジェンド」と言うほどのインパクトを残したのだった。

「2007年から女性ファッション誌のモデルとして活動をしている鈴木さんですが、テレビへの露出は2011年ころからになります。当時は益若つばささんや小森純さんといった読者モデル出身のタレントたちの最盛期で、その流れの中で彼女たちの妹分として登場しました。そんな鈴木さんの名前が一気に世間に広まったのは2011年8月に放送された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)でしょう。小森さんの友達として出演したのですが、その小森さんを『ブス』と言い、成績が悪すぎて高校を退学になったというエピソードを披露するなど、お茶の間に強烈な印象を与えました。司会の明石家さんまさんも、鈴木さんを気に入ったようで、その後何度も共演しています。翌2012年には350本ほどのテレビ出演を果たし、ブレイクタレントランキング女性部門で1位となります。天然ボケながら一生懸命なキャラがウケているのでしょう。ときおりTPOをわきまえず弾けすぎるところはありますが、番組サイドとすればそれも"見せ場"になる可能性があるので、大きな期待を寄せています。今回の番組も彼女の暴走がうまく作用した例でしょう」(芸能ライター)

 芸人たちから激しくツッコまれても、怯むことなく笑顔を見せる鈴木は、今やバラエティ番組には欠かせないタレントに成長した。今のテレビ界でもっとも売れているといえる有吉弘行も、冠番組『有吉反省会』(日本テレビ系)の中で鈴木のことを「僕が自信をもって送れる今のバカの代表」と話すほど、その存在感は際立っている。

「鈴木さんはバラエティ番組で活躍して久しいですが、いまだにどこかオドオドしている感じがしますよね。読者モデル出身のタレントということで、あれよあれよと芸能人になっていった彼女には、これといった"芸"もなく、それを自覚しているからこそ、あの不慣れな感じが抜けないのかも。しかし、だからこそ自分のできることを一生懸命にやらなければと常に必死なのでしょう。そんな彼女だからこそ、ここまで売れっ子になった今も視聴者にとって"テングになっている"ようには映らず、かえって好感を持たれることにつながっている気がします。しかし、夫婦生活などのシモネタだったり、モデルらしからぬかっこ悪い踊りだったり、同じことを何度も言うトーク術だったりと、ウザイことは間違いないでしょうが(笑)、そういったキャラこそが彼女のりっぱな"芸"だと評価する業界人がいることも確かです」(業界関係者)

 今のバラエティタレントには、オネエ、モデル、アイドルなど、畑の違う業種からの転向組も多い。読者モデル出身の鈴木もその1人だ。しかし、次から次へと新しい人材が出てきては消えていく世界で、2年以上に渡り第一線で活躍し、ステップアップしているタレントは珍しい。番組の中で夫を話題にすることも多い彼女にはスキャンダルの恐れは低く、このままの活躍を続ければ、いつの日か女性バラエティタレントのレジェンドとなるかもしれない。



http://news.livedoor.com/article/detail/9456551/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。