So-net無料ブログ作成

この掲示により、私がこのサイトの所有者であること、およびこのサイトが Google AdSense のプログラム ポリシーと利用規約に従っていることを確認いたします。ca-pub-5383283261312243

知英(ジヨン)、KARA脱退後の空白期間を明かす [芸能^^]

スポンサーリンク




元KARAのメンバーで、昨夏より日本での本格的な女優活動をスタートした知英(ジヨン)。さっそくドラマでヒロインを演じるなど順調な滑り出しをみせ、熱い注目を集めた。そんな知英に“第2の人生の始まり”という2014年全般を振り返りつつ、KARAの脱退から日本での活動再開までの空白についても聞いた。





◆今までに感じたことのない“自由”があった

――2014年はグループからひとりで活動するようになって、気構えは変わりましたか?
【知英】 それまでより、自分がしっかりしなきゃいけないことは多いですね。女優のお仕事にワクワクする気持ちと、「ひとりで大丈夫かな?」という不安と半々でした。やっぱりKARAのイメージが強いと思うので、女優をやるとなったらどんな目で見られるのかなという気持ちもありました……。でも、ファンの皆さんやスタッフさんが私を信じてくれているから、それがとても力になっています。

――女優志向になったのは、いつ頃だったんですか?
【知英】 KARAでドラマを初めてやったときです。お芝居が好きになって、将来本格的にやってみたいと思いました。

――KARA脱退後にイギリスに演技の勉強に行ったんですよね?
【知英】 勉強もありましたけど、リフレッシュのためでもあります。4ヶ月滞在して、視野がとても広がりました。海外はいろいろな意味で遠いイメージだったんですけど、そこに住む人たちは私たちと一緒で、一生懸命前を向いて生きていて。イギリスの人はみんなフレンドリーで、1回会っただけで仲良くなれましたし、今までに感じたことのない自由がありました。

――文化の違いとか、戸惑いはありませんでした?
【知英】 全然。私は電車もあまり乗ったことがなかったんですけど、地下鉄も「よっしゃ、行くぞ!」みたいな(笑)。ストライキが多くて、乗ったら違う場所に着いたこともあって。でも、それはそれでいい思い出です。

――環境に順応力があるんでしょうね。向こうの食事は?
【知英】 イギリスで野菜を好きになりました(笑)。前も料理に入っていた野菜は食べていましたけど、生野菜に何もつけずに食べるようになって。

◆タイミングや出会いもあって日本へ

――10月からは、ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)に雪女のゆきめ役でレギュラー出演しました。日本のドラマの現場は初めてでしたっけ?
【知英】 そうです。なので、最初はちょっと慣れなくて。やっぱり韓国の現場とは違うんです。スケジュール表に時間が詳細に書いてあるのも珍しかったし、その時間通りにちゃんと終わるのにビックリしました。逆に、時間が決まっているから「ちゃんとやらなきゃ」という気持ちにもなって。

――時間がかかってしまう場面もありませんでした?
【知英】 それはありました。通訳なしで撮影に入っていたのですが、日本語でお芝居をするのがまだ簡単ではないので……。

――日常会話は普通にこなしていても。
【知英】 セリフだと発音やイントネーションもきちんとしていないといけないし。普通の会話では問題なかったのがセリフだと引っ掛かって、苦労するときもありました。

――そうした苦労があっても、日本を活動の中心にしたのはなぜですか? 日本人としては嬉しいですが。
【知英】 タイミングや出会いもあったし、KARAで来ていたときから日本が好きだったのと、もともと日本のドラマや映画が大好きなので。作った感じではない自然さがあって。

――どんな作品が好きなんですか?
【知英】 映画なら『悪人』や『悪の教典』『ゼロの焦点』とか、ちょっと昔だと『世界の中心で、愛をさけぶ』とか。

――わりと重い作品が好み?
【知英】 でも、『モテキ』や『鍵泥棒のメソッド』とかも好きです。『ドラえもん』も。

――『ぬ~べ~』では言葉は別にして、ゆきめを演じることは楽しめました?
【知英】 原作やアニメがあるので、それを参考にすると役に入り込みやすかったです。でも、ゆきめの可愛さにまではとどきませんけど(笑)。嫉妬する場面とか、とてもおもしろかったです。鵺野先生を好きな気持ちがちゃんと伝わるかなって、いろいろ考えながら演じました。

――オンエアを観て、感じたこともありました?
【知英】 ゆきめがフーッとやると口や手から冷気が出ますけど、現場では出ないじゃないですか(笑)。イメージしてやっても、CGだからどう映るかわからない。出来上がったドラマを観たら「すごい! 雪女だ」って、気持ち良かったです(笑)。




http://news.livedoor.com/article/detail/9636451/



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

タモリがNHKの番組で「新たな資本主義を作るのは日本人ではないか」と語る [芸能^^]

スポンサーリンク




1日放送の「NHKスペシャル 戦後70年 ニッポンの肖像」(NHK総合)で、タモリが資本主義の行き詰まりを指摘し、新たな社会を日本が生み出すのではないかと展望を語った。






番組では各界のゲストを交えて、日本人の生き様やこれからの日本について、NHKの膨大なアーカイブ映像を紐解きながら、戦後70年を振り返った。

番組の終盤、司会の三宅民夫アナウンサーが、作家の半藤一利氏に、今の我々に1番問われていることとは?と質問すると半藤氏は、今の日本人の大多数が「合意」すべき何かがあるはずで、不用意な拡張や破壊を止めて「自然を美しいものとする優しい日本に戻れば、この国に明日はある」という故人・司馬遼太郎さんの言葉を紹介した。

すると、タモリが「(自分は)経済学者でもなんでもないですから、ドでかいことをぶちかましてよろしいですか?」と前置きすると、日本だけでなく各国とも現在の資本主義の行き詰まりを指摘したうえで「資本主義に何か手を加えて、より良いものにしなきゃいかんと思うんですよね」と、持論を展開した。

また、タモリはボランティアなど、自身も新しい価値観を模索中だと告げつつ「やっぱり、大多数がそれを合意できるような何かに手を加えて、ちょっと違う、新たな資本主義ができるのは、日本の勤勉さと、従順さ、秩序さ、それを持ってる国民の日本じゃないと、できないんじゃないかと思うんですよねぇ」と、日本が先駆けて新たな社会体制を生み出す可能性を語ってみせた。

このタモリの持論には、他の出演者も非常に関心した面持ちで耳を傾け、半藤氏も「凄いですね」と笑みをこぼし、拍手で称えた。




http://news.livedoor.com/article/detail/9635703/



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。